ビジネスの可能性を広げる多言語化対応のために

翻訳=多言語化ではありません。

肝心なことは閲覧者の利用言語よりも、利用方法です。中国なら百度。韓国ならNAVER。日本ならグーグルから遷移してきた訪問者をイメージすることです。
そのうえで更に利用者の重点端末を考慮し、現地の回線速度、スマートフォン普及率などから、多言語化されたWEBが注力すべきポイントを検討していきます。

ターゲットを見極めるところからスタート。

日本にいる外国人に見て欲しいのか?それとも海外から貴社にアプローチして欲しいのか?当社の多言語サイト制作はターゲットを見極めるところから開始します。何故その言語のサイトが必要なのか?を組み入れたWEB設計を実現します。そして、その国の人々の好むデザイン性をリサーチします。日本国内のサイトデザインと、シンプルで構造的な文章構成を好む欧米諸国のサイトデザインは明らかに異なります。アジア諸国のWEBサイトの場合は回線速度にも留意が必要です。
日本国内では考えられない設計と、異なる方法論で、国外からの集客・ランディングプランを想定した多言語WEBサイトをトータルプロデュースすることが可能です。

貴社の強みは世界へ繋がっていますか?

自社の現状についてお考えください。世界に通じる技術やサービスをお持ちではありませんか?すばらしい技術やサービスを世界へ発信していきましょう。活躍出来るステージは国内のみではなく世界へと広がっています。

英語サイト、中国語サイト、韓国語サイト、ドイツ語サイト、フランス語サイト、スペイン語サイトなどによって、その国のニーズと御社サービスが合致すれば、ビジネスチャンスが一気に広がります。

当社は多言語サイト制作の豊富な経験を持ち合わせております。英語はもちろん、ポルトガル語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、フランス語、中国語等、世界主要言語に対応し、貴社の戦略や目的に合わせて、世界に情報発信をするWEBサイト制作のお手伝いをいたします。

よくあるご相談キーワード:

20年以上のWEB制作会社としての経験値は必ず貴社に
フィットしたナレッジとしてお役に立つはずです。
技術も、知識も、スピードにも自信があります。
ぜひ、ご相談ください。

CONTACT US