技術の力でデザインする。

WEBブラウザをキャンパスに、技術をもってして美しく。

グラフィックデザイナー、アーキテクトデザイナー。世の中には様々なデザイナーが専門領域において存在します。
WEBデザイナーとグラフィックデザイナーの違いはどこにあると思いますか?
当社が考える優れたWEBデザイナーの条件は、技術をもってして美しくデザイン出来ることです。

例えば、ポスターのデザイナーであれば、イラストレータやフォトショップでデザインを作成し最後に、どのような紙のサイズ、重さ、材質にプリントするかまでを提案するはずです。
WEBデザイナーにとっての、最後にアウトプットされる媒体は「WEBブラウザ」です。
我々はブラウザをキャンバスに、技術力を駆使して表現します。

動きに潜む気持ち良さが美しさ。

ゆったり上品に登場するロゴマーク。
気持ちよく開閉するメニューパネル。

WEB上でのみ美しく表示される、シチュエーションに合わせたWEBフォント。

WEBブラウザ上で表現される時にのみ輝くページデザインを生み出すことを目標に
我々は常に進化する技術力とともに、WEBデザインをご提案したいと考えています。

WEBデザイン
3つのポイント

1.サイトの目標達成にユーザを導く導線設計

貴社ではサイトの離脱率について検討したことはありますか?
サイトに訪れたユーザは、必ずしもトップページからアクセスするとは限りません。膨大な検索結果の中から貴社サイトにアクセスします。アクセスされればアクセス数は伸びます。しかしアクセス数ばかり伸びても、サイトの目標達成率が上がらなければ意味がありません。そこで、重要となるのが導線設計です。
WEB上の導線設計とは、とても簡単に例えると・・・ファーストフード店等でよく聞かれる「ご一緒にポテトはいかがですか?」これをサイト内で実施するということです。ユーザは求める情報・キーワードを元にしてサイトに訪れます。訪れたページに情報をみつけたのに、そこでブラウザを閉じられてしまうのは、適切な誘導がない、まさしく接客対応が下手なお店と同じです。ユーザが求める情報に加え、貴社が提供したい情報を適材適所に配置するだけで、サイトの離脱率は下げることができます。
当社では、徹底したアクセス分析の元、貴社の求めるサイトの達成目標に導く導線設計のノウハウがあります。見た目の美しさに加え、全体としての美しさ、閲覧導線デザインにも注力することをご提案いたします。

2.ブランドイメージを伝える色彩計画

色にも重要な意味があります。カラーセラピー等に色が使われるように、色にも言葉と同じように、”メッセージを伝える力”があります。ブランドイメージの伝達はもちろん、使いたい色に迷いがある場合も、貴社の伝えたいメッセージから、適切な色を導き出します。

3.データに基づく、求心力の高い情報アーキテクチャ

カッコよければ良いというWEBデザインは提案しません。情報アーキテクチャとは「情報をわかりやすく伝え」「受け手が情報を探しやすくする」ための表現技術。当社では、力を入れ取り組むWEB分析結果(ヒートマップ等)をもとに、求心力の高い情報アーキテクチャを導きだしました。
どの位置に、どんな情報・ボタンを表示すればユーザはアクションを起こすのか?見やすいのか?ユーザセグメント毎に動向の違いを徹底的に追求していきます。

webdesign 3 point

webdesign 3 point

よくあるご相談キーワード:

20年以上のWEB制作会社としての経験値は必ず貴社に
フィットしたナレッジとしてお役に立つはずです。
技術も、知識も、スピードにも自信があります。
ぜひ、ご相談ください。

CONTACT US