マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

ワードプレスでどのテンプレートを使っているか見えるプラグイン

投稿日:2015年7月30日 更新日:

page.php や single.php は区別がついても archive.php や author.php になると
どのテンプレートを利用しているか追跡するのに苦役を強いられるWordPressサイトが
少なくございません。悲しいことに…。
そんな街角のペシミストにご紹介するプラグインが、その名もズバリ、「ShowCurrentTemplate」です。

「ShowCurrentTemplate」のインストールは簡単です。

プラグインの新規追加から検索してインストールして有効化するだけです。
メニューも設定画面もないので
なにも足さない、なにも引かない
で大丈夫です。

ただし、ツールバーにこのように表示されますので
Show Current Template

ご利用するユーザは「サイトを見るときにツールバーを表示する」に
チェックしていただく必要がございます。

インクルードされたテンプレートファイルも表示されますので
sidebar.phpを左右に分けている場合やcontent.phpが多岐に渡る場合に
重宝いたします。

修正作業が完了いたしましたら運用中は必要といたしませんので
プラグインを停止しておけば安心安全でございます。

また、インクルードされたテンプレートファイルを確認して整理するなど
オッカムの剃刀としてもご利用になれます。

みなさまもお試しになられてはいかがでしょうか。

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマートフォンサイトのオリジナルテーマ作成時に利用したいプラグインMulti Device Switcher<WordPress>

スマートフォンサイト用のオリジナルテーマを作成する WordPressプラグインとしては、『WPtouch Mobile Plugin』が有名ですが、 最新バージョンでは、オリジナルテーマを作成する場 …

特定カテゴリにログイン保護を設定するワードプレスのプラグイン

特定カテゴリにログイン保護を設定するワードプレスのプラグイン

特定の固定ページをパスワード保護する機能はWordPressに先験的に用意されております。 ところが、あるカテゴリへの投稿を会員限定ページにしたい場合には、 どうすればよいのでしょうか? そんなときに …

ワードプレスの非プログラマ向け総合ハックプラグイン

ワードプレスの非プログラマ向け総合ハックプラグイン

今年も早いもので後1箇月あまりです。今年の6月頃に WordPressのPingback(ピンバック)機能を悪用したDDoS攻撃が多発していました。 WordPressの管理者のみなさんは対策のために …

ワードプレスをブルートフォースアタックからまもるために必要なプラグイン

ワードプレスをブルートフォースアタックからまもるために必要なプラグイン

WordPressをインストールするとユーザー名「admin」が自動的に割り振られ 変更できないバージョンもございました。 ハッキングする側はパスワードを当てるだけでログインすることが可能になります。 …

<WordPress>公開終了日を実装する方法。

公開期間プラグイン「post-expirator」を使わずに 公開終了日を実装する方法をご紹介します。 「カスタムフィールド」に「公開終了」項目を追加し、 その条件を満たしていれば表示させる仕組みです …