マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

ワードプレスでどのテンプレートを使っているか見えるプラグイン

投稿日:2015年7月30日 更新日:

page.php や single.php は区別がついても archive.php や author.php になると
どのテンプレートを利用しているか追跡するのに苦役を強いられるWordPressサイトが
少なくございません。悲しいことに…。
そんな街角のペシミストにご紹介するプラグインが、その名もズバリ、「ShowCurrentTemplate」です。

「ShowCurrentTemplate」のインストールは簡単です。

プラグインの新規追加から検索してインストールして有効化するだけです。
メニューも設定画面もないので
なにも足さない、なにも引かない
で大丈夫です。

ただし、ツールバーにこのように表示されますので
Show Current Template

ご利用するユーザは「サイトを見るときにツールバーを表示する」に
チェックしていただく必要がございます。

インクルードされたテンプレートファイルも表示されますので
sidebar.phpを左右に分けている場合やcontent.phpが多岐に渡る場合に
重宝いたします。

修正作業が完了いたしましたら運用中は必要といたしませんので
プラグインを停止しておけば安心安全でございます。

また、インクルードされたテンプレートファイルを確認して整理するなど
オッカムの剃刀としてもご利用になれます。

みなさまもお試しになられてはいかがでしょうか。

東京のWEB制作会社 マーカーネット株式会社 公式WEBサイトへ

-WordPress

執筆者:

関連記事

スマートフォンサイトのオリジナルテーマ作成時に利用したいプラグインMulti Device Switcher<WordPress>

スマートフォンサイト用のオリジナルテーマを作成する WordPressプラグインとしては、『WPtouch Mobile Plugin』が有名ですが、 最新バージョンでは、オリジナルテーマを作成する場 …

WordPressのテーマカスタマイズ時に私が必ず入れるプラグイン【Show Current Template】

WordPressのテーマカスタマイズ時に私が必ず入れるプラグイン【Show Current Template】

WordPressのテーマをカスタマイズする際に とても便利なプラグイン、Show Current Templateのご紹介。 「わーどぷれすっ!から引用」 Show Current Template …

ワードプレスのIDを可視化するためだけのシンプルなプラグイン

ワードプレスのIDを可視化するためだけのシンプルなプラグイン

WordPressの固定ページ、投稿記事、カテゴリやタグなどにはそれぞれユニークなIDがあります。 IDはWordPressが自動的に個別に割り当ててくれるため、普段は意識することはございません。 デ …

wpdbは使わず、WordPressのデータベースから直接データを取得する方法

wpdbは使わず、WordPressのデータベースから直接データを取得する方法

今回は、wordpressのwpdbを利用できない環境で、phpのPDOを利用し、 selectする方法をご紹介いたします。 WordPressのサイトからフォームに記事IDとともに遷移し、フォームに …

ワードプレスにソーシャルブックマークを簡単に設置するプラグイン

ワードプレスにソーシャルブックマークを簡単に設置するプラグイン

ソーシャルブックマークというのはコレです。 この記事の下にもある Twitter や Facebook の共有ボタンをブログ内に設置して、 良質な記事の場合には「ツイート」や「いいね!」を簡 …