マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

PHP WordPress

wpdbは使わず、WordPressのデータベースから直接データを取得する方法

投稿日:2015年5月20日 更新日:

今回は、wordpressのwpdbを利用できない環境で、phpのPDOを利用し、
selectする方法をご紹介いたします。
WordPressのサイトからフォームに記事IDとともに遷移し、フォームに記事の情報を
載せる場合などで使えます!

1)PDOを利用し、WordPressのMySQLに接続します

$dbname = “データベース名”;
$user = “データベースユーザー名”;
$password = “データベースパスワード”;
$pdo = new PDO(“mysql:host=localhost;dbname=$dbname;charset=utf8”, $user, $password);

2)selectで情報を取得します

例)IDから記事のタイトルを取得
$result = $pdo->query(“SELECT post_title FROM wp_posts WHERE ID={$id}”);
$data = $result->fetchall(PDO::FETCH_ASSOC);

例)IDから記事のカスタムフィールドテンプレートの値を取得
$result = $pdo->query(“SELECT meta_value FROM wp_postmeta WHERE meta_key IN (‘取得したいカスタムフィールド項目名’, ‘取得したいカスタムフィールド項目名’) AND post_id={$id}”);

$data = $result->fetchall(PDO::FETCH_ASSOC);

 

あとは、$dataのデータを加工し、利用できます。
ぜひ、ご利用されてみてはいかがでしょうか。

 

 

-PHP, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレスはオープンソースのため、そのソースコードが公開されております。 誰でも無償で、誰でも改変して商用利用も可能であるというメリットもございますが、 デメリットとして悪意のある者から不正侵入を許 …

ワードプレスの非プログラマ向け総合ハックプラグイン

ワードプレスの非プログラマ向け総合ハックプラグイン

今年も早いもので後1箇月あまりです。今年の6月頃に WordPressのPingback(ピンバック)機能を悪用したDDoS攻撃が多発していました。 WordPressの管理者のみなさんは対策のために …

Laravel5を操作してみました

先月リリースされました、PHPのフレームワークLaravel5を操作してみました。 1. プロジェクトの作成 インストールするディレクトリに移動して「test」という名前のプロジェクトを作成します。 …

ワードプレスのテーマの安全性をチェックしてくれる実用的なプラグイン

ワードプレスのテーマの安全性をチェックしてくれる実用的なプラグイン

WordPressのセキュリティを高めてくれるシンプルだけれども実用的なプラグインです。 名前もシンプルです。「AntiVirus」 WordPressで使用しているテーマに悪意のあるコードやセキュリ …

WordPress4.3バージョンアップで使えなくなるプラグイン

最近急に涼しくなりましたね。夕方になると長袖が必要に感じる肌さむさですが、 が、新陳代謝が良好なため汗が止まらないSです。(私には冷房が必要ですアピール) というわけで、WordPressが4.3にバ …