マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

特定カテゴリにログイン保護を設定するワードプレスのプラグイン

投稿日:2015年4月20日 更新日:

特定の固定ページをパスワード保護する機能はWordPressに先験的に用意されております。
ところが、あるカテゴリへの投稿を会員限定ページにしたい場合には、
どうすればよいのでしょうか?

そんなときにお勧めしたいプラグインがこちらです。
その名もズバリ「Allow Categories」です。

インストールは簡単です。
プラグインの新規追加から検索してインストールして有効化するだけです。

(1) まず、権限が「購読者」のユーザを作成いたします。
「サイトを見るときにツールバーを表示する」のチェックは外しておきましょう。

(2) 次にツールメニューからAllow Categoriesを選択すると
このような画面になります。

Allow CategoriesWordPress

先ほど作成した「購読者」ユーザと特定したいカテゴリをチェックいたします。

Pages are public (or logged in if force login)
Redirect to login if not permissioned
にチェックを入れてSave、これだけです。

(3) あとはお好みに合わせてログイン画面のロゴを変更すれば完成です。
パスワードリマインダーのリンクは外しておきましょう。

これで、あるカテゴリを閲覧しようとしたユーザにログイン画面を表示させ
ログイン情報をご存じないとアクセスできなくなります。

会員制カテゴリの完成です。

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワードプレスの高負荷プラグインを可視化してくれるプラグイン

WordPressのプラグインは便利ですが、ついつい多用してしまいますと サイト全体のレスポンスが悪くなり、表示速度の低下を招いてしまいます。 そのような状態ではもはやプラグインの数が多すぎて、何を排 …

WordPressのテーマカスタマイズ時に私が必ず入れるプラグイン【Show Current Template】

WordPressのテーマカスタマイズ時に私が必ず入れるプラグイン【Show Current Template】

WordPressのテーマをカスタマイズする際に とても便利なプラグイン、Show Current Templateのご紹介。 「わーどぷれすっ!から引用」 Show Current Template …

FacebookとWordPressを連携させる方法

『WordPressで記事を投稿したタイミングで、Facebookにも反映させる方法』ですが、 頻繁に起こるFacebookの仕様変更や、WordPressプラグイン自体の更新停止などで 今までのやり …

ワードプレスのIDを可視化するためだけのシンプルなプラグイン

ワードプレスのIDを可視化するためだけのシンプルなプラグイン

WordPressの固定ページ、投稿記事、カテゴリやタグなどにはそれぞれユニークなIDがあります。 IDはWordPressが自動的に個別に割り当ててくれるため、普段は意識することはございません。 デ …

Movable Type6を操作してみました

Movable Type6を操作してみました

先日リリースされました、movable type6を操作していました。 – ダッシュボード グーグルアナリティクスをアカウント設定しますと、 サイト情報欄に、アクセスの情報が表示されます。 …