マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

csvでインポートする場合、セルのテキストを簡単にダブルクォーテーションで囲む方法。

投稿日:2015年3月5日 更新日:

WEB制作において、WordPressのプラグインを利用し、記事をCSVインポートする場合、
以下2点のルールがあるかと思います。

1.  フィールドの区切りを”,” をとする。
2. セル内のテキストを引用符(” “)で囲む。

皆さんは、2.のテキストを引用符で囲む際、どのようにご対応されているのでしょうか?

例えば、テキストエディタでcsvを開くとダブルクォーテーションが入っていない・・。
テキストエディタやエクセルのテクニックでうまくやりたいけどわからない・・
といった状態の方もいらっしゃるかと思います。

今回は、LibreOfficeのCalcスプレッドシートで(Windowsでいうエクセルの無料ソフト)
簡単にセルのテキストをダブルクォーテーションで囲む行う方法をご紹介いたします。

■1 LibreOffiece公式サイトよりダウンロードし、(無料です)
PCにインストールを行います。

https://ja.libreoffice.org/

■2 LibreOffice Calc を開きます。

WordPressにインポートしたいcsvをCalcで開き、
「ファイル」 ⇒ 「名前を付けて保存」 ⇒ 「フィルター設定を編集する」チェックボックスにチェックします。

『このドキュメントには、現在選択されている “テキスト CSV” 形式では保存することのできない書式や内容が含まれている可能性があります。』と記述されたポップアップが表示されますので、「テキスト CSV フォーマットを使用」を押下します。

『テキストファイルのエクスポート』ポップアップにて、
・  「フィールドの区切り記号」  , (カンマ)
・  「テキストの区切り記号」  ” (ダブルクォーテーション)
・  「セルの内容を表示どおりに保存」チェックボックスにチェックを入れます
・  「計算結果の代わりにセルの数式を保存」にチェックを入れる
・ 「すべてのテキストのセルを引用符で囲む」にチェックを入れる

 

これで保存すれば、セルのテキストにダブルクォーテーションが付けることができます。

無料で簡単ですので、お困りのかたはお試しになってはいかがでしょうか?

 

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワードプレスでどのテンプレートを使っているか見えるプラグイン

page.php や single.php は区別がついても archive.php や author.php になると どのテンプレートを利用しているか追跡するのに苦役を強いられるWordPress …

ワードプレスの高負荷プラグインを可視化してくれるプラグイン

WordPressのプラグインは便利ですが、ついつい多用してしまいますと サイト全体のレスポンスが悪くなり、表示速度の低下を招いてしまいます。 そのような状態ではもはやプラグインの数が多すぎて、何を排 …

WordPress4.3バージョンアップで使えなくなるプラグイン

最近急に涼しくなりましたね。夕方になると長袖が必要に感じる肌さむさですが、 が、新陳代謝が良好なため汗が止まらないSです。(私には冷房が必要ですアピール) というわけで、WordPressが4.3にバ …

<WordPress>公開終了日を実装する方法。

公開期間プラグイン「post-expirator」を使わずに 公開終了日を実装する方法をご紹介します。 「カスタムフィールド」に「公開終了」項目を追加し、 その条件を満たしていれば表示させる仕組みです …

Movable Type6を操作してみました

Movable Type6を操作してみました

先日リリースされました、movable type6を操作していました。 – ダッシュボード グーグルアナリティクスをアカウント設定しますと、 サイト情報欄に、アクセスの情報が表示されます。 …