マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEB制作

【グラフィック V.S. Webデザイン】グラフィック制作とWeb制作の違い-3-

投稿日:2015年2月24日 更新日:

約3週間に1回の登場になりますが、デザイナーのOです。
前回に続けて、Webとグラフィック制作との違いについて、続いて紹介していきたいと思います。
今回は最終回となりますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

レイアウト

前回も少し話しましたが、webと紙は基本的に違う媒体なので、見せ方やデザインのレイアウトの仕方も変わってきます。
Webは紙と違ってデザインのみで完結できないので、デザインするときはコーディングのことも考えなければいけません。紙よりレイアウトに縛りが多いです。
紙の場合はイラストに沿ってレイアウトなど自由に配置できますが、webだと全部1枚の画像にする感じになります。

grey--column--psd-design-grid_54-5824
webデザインはグリッドを意識ながらデザインしていくことが多いです。

立体V.S.平面

デザイン的な表現も、webと紙媒体によって表現の仕方が異なります。
紙でもモニターでも平面的なものですが、webの場合、紙に比べて立体的な表現がよく見かけます。
例えばシャドウやグラデーションの使い方を見れば分かると思いますが、webはよくドロップシャドウやグラデーションを使いますが、紙の場合は逆に使わないほうがスッキリして、きれいに見えます。
0224

動き

個人的に一番わかりやすい例だと思います。
webと紙両方のデザインやって一番違いを感じたんのは、動きを意識するかどうかのことです。
サイトの場合は、ユーザーに見ってもらうだけではなく、ボタンなどをクリックさせるのが最終的な目的です。ですので双方向性が高いデザインや、動きの設定などは求められます。
flat-devices-with-hands-gesture_62147501001

更新

紙には更新という概念はなく、修正や情報を更新する場合は刷り直ししかないです。
一方情報をどんどん更新、調整していけるのがwebの特徴です。

グラフィックはデザインが完成したら終わりますが、
Webはデザインが完成したらそこから始まると言っても過言ではないですね。

以上はDTP出身の私から、webと紙媒体デザインの違いについての紹介でした。
最後宣伝になりますが、マーカーネットではWebだけではなく、グラフィックの分野においても経験豊富なデザイナーが在籍しておりますので、興味のある方は是非こちらのページよりお問い合わせしてみてください。

-WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

javascriptの便利なライブラリについて

javascriptの便利なライブラリについて

オブジェクト(配列)や文字列の処理は自作の作成した場合、時間を要してしまします。 そこで、これらの処理をおこなう際に便利なJavascriptライブラリを紹介します。 1. underscore.js …

【カメラ撮影】写真素材として撮影するために知っておきたいこと ~風景の色彩編~

WEB制作において”良い写真”は欠かせません。 素材を撮影する際に知っておきたいこと、 今回は風景写真撮影での色設定のポイントをご紹介します。 秋は暖色で情緒を感じさせる 例年11月末~12月初旬あた …

手軽に雰囲気を変える!無料英字webフォントのまとめ -素敵な明朝フォント編-

webフォントは日本のホームページには今一歩馴染みが無いかもしれませんが これから先、SEOを視野に入れたものはほぼテキストで作成することが望まれます。 今回はその第二弾として「素敵な明朝英字フォント …

【意外と知られていないIllustrator小技】たったの2STEPで画像をベクターに変換!

【意外と知られていないIllustrator小技】たったの2STEPで画像をベクターに変換!

WEBサイトのデザイン素材を紙媒体に使うとき、ベクターのデータがなくて困ったことありませんか? ペンツールでトレースするのも時間がかかるし、Photoshopでパスを作成したら境界がギザギザになってし …

【Vol.5】優れたキャッチコピーを見て、閃き力を上げよう!【映画・アニメ編】

冬っ子のわたくし、この暑さもう限界です 皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか? 真冬生まれのため連日の暑さに耐えきれず瀕死状態のAD&デザイナーMです。   明日から気温が落ち着くようで …