マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEBデザイン WEB制作

【グラフィック V.S. Webデザイン】グラフィック制作とWeb制作の違い-1-

投稿日:2015年1月20日 更新日:

こんばんは、デザイナーのOです。

実は私はグラフィックデザイナー出身で、約1年半前にWeb業界に入りました。
Webについてまだまだ勉強中の自分ですが、
実際にWeb制作に携わって感じた、グラフィック制作との違いをご紹介したいと思います。
まずは基礎知識から

単位

・WEBの単位はpixel(ピクセル)
open84

 

・紙媒体はミリメートル(またはセンチメートル)が基本単位です。
measure

カラーモード

・WEBはRGB
gf1420445298l

WEBの場合は印刷することがなく、パソコンのディスプレイに使う光の三原色RGB(Red, Green, Blue)で表現します。

・紙媒体の場合はCMYK
07
通常のカラー印刷物はCMYK(C:シアン M:マゼンタ Y:イエロー K:ブラック)の4色で印刷されます。

文字の最低ポイント数

・Webでの最低ポイントは10ptぐらいが目安
実際制作するとき、本文は大体14ptが一番多いですが、小さく12ptという感じです。
10pt以下にしてしまうと文字の可読性が保たないのでお勧めしません。

・印刷物の最低ポイントは6ptぐらいが目安

印刷物の場合だと、本文が12ptでも大きい感じることが多いです。
8~10ptが最適とされていますが、6ptにしてもまだ読めます。
注釈とかの場合は4ptかそれ以下にすることもありますので、Webとの感覚が大分違いますね。

違いについてまだまだたくさんありますが、また次回続いてご紹介したいと思います。
グラフィックからWeb制作にチャレンジしたい方や、逆のパターンもご参考になれれば幸いです。

最後宣伝になりますが、弊社ではWebだけではなく、グラフィックの分野においても経験豊富なデザイナーが在籍しておりますので、
興味のある方は是非こちらのページよりお問い合わせしてみてください。

-WEBデザイン, WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

単一のファイルで様々な機器の画面サイズにフィットする便利な手法「レスポンシブデザイン」。 最近はスマホからのPVも爆発的に増えてきたので慌ててスマホサイトを導入する企業が増え、更新の勝手から、レスポン …

no image

ブラウザによって画質変わっている!?気づかなかった…ブラウザの自動画像処理!

ブラウザによって画質変わっている!?気づかなかった…ブラウザの自動画像処理! http://www.markernet.co.jp/blog/2015/07/31/post-5902/ Faceboo …

至れり尽くせり!?Adobe XDの主要機能の使い方をまとめて学べる公式スターターキット!

こんにちは! 今回はAdobe XDの主要機能の使い方をまとめて学べる公式スターターキットについてご紹介いたします。 Adobe XDはAdobeが提供している、webサイトや、モバイルアプリなどのデ …

データベース(MySQL)の日付操作について

データベース(MySQL)で普段よく使いますが、 なかなか覚えられない、日付の操作のSQLについて書きます。 以下のようなニュースのテーブルが存在します。 CREATE TABLE IF NOT EX …

初めてのホームページ運用。これだけ知っておけば始められます。

初めてのホームページ運用。これだけ知っておけば始められます。

初めてのホームページ運用。これだけ知っておけば始められます。 web制作の仕事をず~~~っとやっていると専門的な事も基本的なことと勘違いしてしまいがちです。私もwebに触れる前は「ブラウザって何?」「 …