マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

javascript(jquery) WEB制作

レスポンシブにも対応!③ フリックスライダーを作成してみました。

投稿日:2014年12月22日 更新日:

今回はレスポンシブに対応できるスライドショーを作成してみたいと思います。
ただ、レスポンシブに対応しているだけでなく、
スマホに便利なフリックも可能なものをご紹介致します。

前回までの関連記事です。
『レスポンシブにも対応!行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせる方法。』
『レスポンシブにも対応!② グローバルナビゲーションを作成してみました。』

その前にフリックとは?

簡単にご説明しますと指先でスマホの画面上を素早く動かしたり弾くような操作のことを指します。
フリックでスライドさせることが可能であれば、とても便利かと思います。

デモ

設置方法

まずjQueryを読み込ませます。

<script src=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js”></script>

そのあとに「jQueryResponsiveFlickSlider.js」を読み込みます。
配布サイトではソースが書かれているだけなので、それをコピペして「jQueryResponsiveFlickSlider.js」という名前のファイルを作成しました。

<script src=”[ファイルへのパス]/jQueryResponsiveFlickSlider.js”></script>

htmlソースの記述

<div class=”flickSlider”>
<div class=”flickView”>
<ul>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/011.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/021.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/031.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/041.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/051.jpg” alt=””></li>
</ul>
</div>

<div class=”flickThumb”>
<ul>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/011.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/021.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/031.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/041.jpg” alt=””></li>
<li><img src=”[ファイルへのパス]/051.jpg” alt=””></li>
</ul>
</ul>
</div>
</div>

flickView内の画像がメインビジュアル部分になります。
flickThumb内の画像はナビゲーションとなっています。

CSSの記述

.flickSlider {
margin: 0 auto;
text-align: left;
display: none;
}
.flickSlider .flickView {
width: 100%;
text-align: left;
position: relative;
overflow: hidden;
}
.flickSlider .flickView ul {
top: 0;
left: 0;
width: 100%;
position: absolute;
overflow: hidden;
}
.flickSlider .flickView ul li {
width: 100%;
float: left;
display: inline;
overflow: hidden;
}
.flickSlider .flickView ul li img {
width: 100%;
}
.flickSlider .flickThumb {
width: 100%;
overflow: hidden;
}
.flickSlider .flickThumb ul {
width: 110%;
}
.flickSlider .flickThumb ul li {
float: left;
cursor: pointer;
display: inline;
}
.flickSlider .flickThumb ul li img {
width: 100%;
}
.flickSlider .flickThumb ul li.active {
filter:alpha(opacity=100)!important;
-moz-opacity: 1!important;
opacity: 1!important;
}
.flickSlider .btnPrev, .flickSlider .btnNext {
top: 0;
width: 5%;
height: 100%;
position: absolute;
cursor: pointer;
}
.flickSlider .btnPrev {
left: 0;
background: #ccc url([ファイルへのパス]/btnPrev.png) no-repeat center center;
}
.flickSlider .btnNext {
right: 0;
background: #ccc url([ファイルへのパス]/btnNext.png) no-repeat center center;
}

設定の変更方法

JS内の下記部分で設定が変更可能です。

var setWrap = $(‘.flickSlider’),
setMainView = $(‘.flickView’),
setThumbNail = $(‘.flickThumb’),
setMaxWidth = 500,
setMinWidth = 200,
thumbNum = 5,
thumbOpc = 0.5,
scrollSpeed = 500,
delayTime = 5000,
easing = ‘linear’,
sideNavi = ‘on’, // ‘on’ or ‘off’
autoPlay = ‘on’; // ‘on’ or ‘off’

setMainView:メインビジュアル部分の設定
setThumbNail:ナビゲーション部分の設定
setMaxWidth:メインビジュアルの最大横幅の設定
setMinWidth:メインビジュアルの最少横幅の設定
thumbNum:スライド画像の枚数の設定
thumbOpc:ヒアクティブ時のナビゲーションの透過度
scrollSpeed:スライドのスピード
delayTime:1枚ごとの待機時間
easing:スライド時のアニメーションの種類
sideNavi:サイドナビ(NEXTとPREV)の表示/非表示
autoPlay:自動でスライドショーを再生

となります。

機能面でも申し分ありませんので、ぜひご活用ください。
配布元は下記になります。
http://black-flag.net/jquery/20130514-4588.html


-javascript(jquery), WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リンク切れを自動的にチェックしてくれるワードプレスのプラグイン

リンク切れを自動的にチェックしてくれるワードプレスのプラグイン

リンクチェックしていますか? マニュアルでチェックするとたいへんですよね。 WordPressには自動で定期的にリンク切れをチェックしてくれる 便利なプラグインがございます。 その名もズバリ、「Bro …

デザインの幅が広がる!クオリティの高いイラストサイトまとめ

デザインの幅が広がる!クオリティの高いイラストサイトまとめ http://www.markernet.co.jp/blog/2015/08/07/post-5940/ Facebook

背景に動画を取り入れたWEBデザイン

背景に動画を取り入れたWEBデザイン

動画を取り入れたWEBサイト。 大分主流となってきて、見かける頻度も一段と増えました。 動画 = 重い という概念もどこへやら。。 最近のWEB動画はとても軽い。 背景として動画を入れ、飽きさせること …

さまざまなレイアウトの工夫その①

さまざまなレイアウトの工夫その①

キレイなウェブ制作のためには色んな要素が必要となります。「フォント」「色」「レイアウト」「写真」「バランス」「テーマ」等々!今回はその中でも「レイアウト」ついて少し説明させていただきたいと思います。で …

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレスはオープンソースのため、そのソースコードが公開されております。 誰でも無償で、誰でも改変して商用利用も可能であるというメリットもございますが、 デメリットとして悪意のある者から不正侵入を許 …