マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

PHP

Google AnalyticsのPV数を取得するための準備について。

投稿日:2014年12月19日 更新日:

ウェブサイトのアクセス数をサイト内に表示させたい場合があるかと思います。
今回は直接Google AnalyticsのPV数を取得するまでの準備についてご紹介いたします。

1)Google Analytics APIを使うための準備

Google Analyticsから情報を取得する場合、Google提供のAPIを使います。
APIを使うために事前にGoogle Developers Consoleプロジェクトと
認証情報を作成する必要がございます。

https://cloud.google.com/console にアクセスし、
左メニューの「プロジェクト」から新規プロジェクトを作成します。
任意の「プロジェクト名」と「プロジェクトID」を入力します。

2)Googel Analytics APIを有効化

Google Developers Console のトップページに戻ると、一覧に
作成したプロジェクトが表示されますので、そこから設定画面に移動します。
左メニューの「APIと認証」の「API」をクリックします。
API一覧が表示されますので、「Analytics API」のオンにし有効化します。

 

3)OAth2.0クライアントIDの作成

左メニューの「APIと認証」の「認証情報を」クリックし、
「新しいクライアントID」をクリック、「Configure consent screen」をクリックします。
任意の「メールアドレス」「サービス名」を入力し「保存」をクリックします。
「クライアントIDを作成」ダイアログが表示されますので、
「Service account」ラジオボタンにチェックし、「クライアントIDを作成」をクリックします。

※ 今回は毎回認証せずにAPIを使用するため、「サービス アカウント」で
クライアントIDを作成します。「新しいクライアントIDを作成」ボタンを押します。

「新しい公開キー/秘密キーのペアが作成されました」ダイアログが表示されますので
秘密キーのパスワードを記録しましょう。

また、APIを実行するときに必要となる、
秘密キーのファイルがダウンロードされるので保存します。

作成が完了すると「クライアント ID」「メールアドレス」が発行されますので
こちらも記録しましょう。諸々API実行に使います。

 

4)メールアドレスをGoogle Analytics ユーザーに登録

Google Analyticsの管理画面 に対象のIDでログインし、
右上の「アナリティクス設定」をクリックします。
「アカウント」メニューの「ユーザー管理」をクリックします。

2)で発行された「メールアドレス」をユーザ登録します。
権限を付与するユーザで「追加」をクリックします。

右上の「アナリティクス設定」をクリックし、「ビュー設定」をクリックします。
「ビュー ID」 が表示されますので記録しましょう。
「クライアント ID」「メールアドレス」「秘密鍵」「ビュー ID」

5)Google APIs Client Library for PHP

GitHubから「Download Zip」をクリックし、解凍後、サイト上に展開します。

https://github.com/google/google-api-php-client

ごれで、準備が整いました。
ライブラリを使い、Google Analyticsの欲しい情報を取得できるようになります。

-PHP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PHPフレームワークLaravel4を試しました。

PHPフレームワークLaravel4を試しました。

1. Laravel4をインストールするためには、Composerを利用します。 以下のコマンドでComposerをインストールします。 % curl -s http://getcomposer.or …

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合について

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合について

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合の解決方法について何点か紹介します。 – CakePHPのモデルのsave()メソッドでレコードを更新したときに更新日付(modified列)が更新 …

wpdbは使わず、WordPressのデータベースから直接データを取得する方法

wpdbは使わず、WordPressのデータベースから直接データを取得する方法

今回は、wordpressのwpdbを利用できない環境で、phpのPDOを利用し、 selectする方法をご紹介いたします。 WordPressのサイトからフォームに記事IDとともに遷移し、フォームに …

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

ブログの記事の編集などにWYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderを導入しているサイトでログインするユーザごとに画像のアップロード先を切り替えたい状況がございます。 その方法を紹介し …

Alt 【WordPress】カスタムフィールドで何でも出来る!カスタムフィールドの便利な使い方 その1

【WordPress】カスタムフィールドで何でも出来る!カスタムフィールドの便利な使い方 その1

WordPressでサイトを作る場合カスタムフィールドがとても便利ですよね! そして投稿ページで入力したカスタムフィールドの値を他のトップページや固定ページでも使いたい。なんて事があるかと思います。 …