マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

javascript(jquery) WEB制作

レスポンシブにも対応!行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせる方法。

投稿日:2014年11月17日 更新日:

ブロック要素の高さを揃えるJavaScriptはいくつかあります。
その中でも行ごとの高さを変えたい場合に便利な「fixHeight.js」をご紹介します。

「fixHeight.js」の設置方法

まずjQueryを読み込ませます。

<script type=”text/javascript” src=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.2/jquery.min.js”></script>

そのあとに「fixHeight.js」を読み込みます。

<script src=”[ファイルへのパス]/fixHeight.js”></script>

これで設置は完了です。

スタンダードな「fixHeight.js」の使い方

まずはスタンダードにブロック要素の高さを合わせてみます。
長いタイトルや内容などをの高さは無視して行ごとのdlの高さを合わせます。
親要素のクラスに「fixHeight」を付けるだけで揃えてくれます。

タイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトルタイトル
テキストテキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトル
テキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトル
テキスト
<div class=”fixHeight”>
<dl>
<dt>タイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトルタイトルタイトルタイトル</dt>
<dd>テキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトルタイトルタイトル</dt>
<dd>テキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt>タイトルタイトルタイトル</dt>
<dd>テキスト</dd>
</dl>
</div>

「fixHeight」クラス内の子要素を指定

「fixHeight」クラス内の子要素に「fixHeightChild」クラスを付けることによって
その要素の高さを揃えることができます。
この場合、「fixHeight」クラス直属にあるdlの高さは揃えられません。
下記はタイトルの高さを揃えてみました。

タイトル
テキストテキスト
タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトル
テキスト
<div class=”fixHeight”>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild”>タイトル</dt>
<dd>テキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild”>タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild”>タイトル</dt>
<dd>テキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild”>タイトルタイトルタイトル</dt>
<dd>テキスト</dd>
</dl>
</div>

「fixHeightChild」クラスをグループ化して複数指定

「fixHeight」クラス内の複数子要素をグループ化し高さを合わせます。
「fixHeightChild●●●●」●●●●に任意の文字を入力すればグループ化できます。
今回はタイトルに「fixHeightChild_title」、テキストに「fixHeightChild_text」というクラスを付けてみたいと思います。
それぞれのタイトル部分とテキスト部分の高さを揃えることによってdlの高さも自動的に揃えられます。

タイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトルタイトル
テキストテキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトル
テキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
タイトル
テキストテキストテキストテキストテキスト
タイトルタイトルタイトル
テキスト
<div class=”fixHeight”>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトルタイトルタイトルタイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトルタイトルタイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキストテキストテキストテキストテキスト</dd>
</dl>
<dl>
<dt class=”fixHeightChild_title”>タイトルタイトルタイトル</dt>
<dd class=”fixHeightChild_text”>テキスト</dd>
</dl>
</div>

このJavaScriptが便利なところは行ごとのグループを自動で判断して、
高さを調整してくれるところです。
これにより、レスポンシブなどで横の列の数が変更されても問題なく動作します。
試しにブラウザの幅を縮めてからF5を押して、更新してみてください。
行ごとのブロックの高さが自動で調整されたかと思います。

ダウンロードは下記からになります。
http://www.starryworks.co.jp/blog/tips/fixheightjs.html

是非ご活用頂ければと思います。


-javascript(jquery), WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【jQuery】 $(this)の親要素、子要素、隣接要素を指定する

【jQuery】 $(this)の親要素、子要素、隣接要素を指定する

jQueryでイベントが発生した要素を指定する$(this)。 jQueryを初めて使った頃は$(this)ってなんだ!? なんで普通に<li>なら$(“li”)じゃだめなの~!? なんて …

簡単レシピ!アメコミ風デザイン素材と活用法!!

今回はアメコミ風のデザインを作るときに役立つフリー素材と活用法をご紹介いたします。 まずは実際のアメコミを見て、簡単に特徴を分析してみます。 アメコミでgoogle画像検索をかけると、、、 とってもカ …

【Illustrator】基本図形で出来ちゃう!ハートマークの作り方

こんばんは、新人Aです。 今日は、Illustratorでハートを作る方法についてお話します! まぁ、素材サイトさんからデータをお借りしちゃえばそれで済む話なのですが… 理想の形が見当たらない!という …

Laravel SocialiteでGitHubを利用した認証

Lravel SocialiteでGitHubを利用したOAuthによる認証の手順を紹介します。 1. GithubでOAuthアプリケーションを作成 GitHubにログインし、 [Settings] …

モバイルフレンドリーでいたい!~素敵サイトレスポンシブの旅~

みなさん、こんにちは! web初心者のKです! この度、googleがモバイルフレンドリーな webサイトのランクを上げるアルゴリズムの変更を発表しましたね! http://www.itmedia.c …