マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

javascript(jquery)

PCサイトとスマートフォンサイトを振り分けるjQueryライブラリ<Pc2Sp.js>をHTML4で利用する方法。

投稿日:2014年11月12日 更新日:

PCサイトとスマートフォンサイトを切り替えたい場合、
「Pc2Sp.js」というjQueryライブラリを利用すると実装できます。

このライブラリの紹介はネット上でたくさん見つかると
思いますので、今回は割愛し、下記の現象でうまく動作しない方へ向け
解決方法をご紹介します。

『 「Pc2Sp.js」で実装後、スマートフォンサイトから「PCサイトへ切り替える」ボタンをクリックすると、スマホサイトへ強制的に戻ってしまう・・(PCサイトに切り替わらない)』

この現象に遭遇された方は、まずは問題の起きるPCサイトが、
「HTML4」か「HTML5」で組まれているか確認してみてください。
もし、HTML4であれば、うまく動作しないでしょう・・(HTML4の方は続きをお読みください。)

うまく動作しない原因は、 Pc2Sp.js ファイル内で記述されている
localStorage.setItem がHTML5の機能のため、
PCサイトがhtml5でないと、そもそも利用できないのです。


HTML4での代替手段としてPc2Sp.js + jqueryのcookieを利用してみます。

1) jquery.cookie.min.js を読み込む (Pc2Sp.jsは読み込んでいる前提です)

<script src=”//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery-cookie/1.4.1/jquery.cookie.min.js”></script>

2)jquery.Pc2Sp.js ファイルの記述を一部書き換える

↓のように html5の「localStorage.getItem」「localStorage.setItem」を
jquery.cookieの $.cookie に置き換えます。(元の行をコメントアウトの上、赤字の3行を追加)

//if(!localStorage)return this; // HTML5
//if(!$.cookie(‘pc_flag’))return this; // jquery.cookie  // コメントアウト

//&& localStorage.getItem(“pc_flag”)==”true” // HTML5
&& $cookie(“pc_flag”)==”true” // jquery.cookie

//&& localStorage.getItem(“pc_flag”)!=”true” // HTML5
&& $cookie(“pc_flag”)!=”true” // jquery.cookie

//localStorage.setItem(“pc_flag”,”true”); // HTML5
//$.cooki(‘pc_flag’, ‘true’); // jquery.cookie
$.cooki(‘pc_flag’, ‘true’ , { path : “/ “} ); // jquery.cookie


※, { path : “/ “} がないとSP⇒PCに行っても、cookieに保存されないので
この第3引数は必要です!!適切なパスを設定してください。

これでHTML4のPCサイトでもご希望の動作を実装できます。
お試しになってはいかがでしょうか。

-javascript(jquery)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

javascriptの便利なライブラリについて

javascriptの便利なライブラリについて

オブジェクト(配列)や文字列の処理は自作の作成した場合、時間を要してしまします。 そこで、これらの処理をおこなう際に便利なJavascriptライブラリを紹介します。 1. underscore.js …

レスポンシブにも対応!② グローバルナビゲーションを作成してみました。

この間はレスポンシブでも使える行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせるJavaScriptをご紹介致しました。 レスポンシブにも対応!行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせる方法。 レスポンシブで …

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

ブログの記事の編集などにWYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderを導入しているサイトでログインするユーザごとに画像のアップロード先を切り替えたい状況がございます。 その方法を紹介し …

レスポンシブにも対応!③ フリックスライダーを作成してみました。

レスポンシブにも対応!③ フリックスライダーを作成してみました。

今回はレスポンシブに対応できるスライドショーを作成してみたいと思います。 ただ、レスポンシブに対応しているだけでなく、 スマホに便利なフリックも可能なものをご紹介致します。 前回までの関連記事です。 …

レスポンシブにも対応!行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせる方法。

レスポンシブにも対応!行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせる方法。

ブロック要素の高さを揃えるJavaScriptはいくつかあります。 その中でも行ごとの高さを変えたい場合に便利な「fixHeight.js」をご紹介します。 「fixHeight.js」の設置方法 ま …