マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEBデザイン WEB制作

困った時のPHOTOSOHP。 写真に逆光を入れる方法。

投稿日:2014年11月7日 更新日:

こんにちは。web制作初心者のKです。

まだまだ修行中の身であるため、「テクニックをご紹介!」なんて、
大変おこがましいのですが、
お仕事をしていて、「もう少し写真に力強さが欲しいな~」なんて時に
私がよく使うPHOTOSOHPの「逆光のテクニック」を今日はご紹介したいと思います。

[STEP1]  用意した画像の上に黒ベタのレイヤーを作る

0 1

[STEP2]  逆光を適用
光の種類容量などを大まかに決める
2

[STEP3]  レイヤーに【覆い焼き(リニア)】を適用する
全体の光のイメージを確認

3-01

[STEP4]  周りを消す
逆光を移動した時に、逆光フィルタのかかってないところの境界線がわからないよう消します。
(マスクでもOK)
4

[STEP5]  光を任意の場所に移動
光の大きさ・適用量・ぼかし具合・必要であればベースの写真の色調を補正し、
逆光をなじませて出来上がり!!
(小さい光源を後から拡大しすぎると画質が悪くなるので注意が必要です。)
PAK74_ahirucyansusumu見本

 

いかがでしょうか?

暗い気持ちだったあひるが、前向き!?になりました。

その他、建物や人物など様々なシチュエーションに使えます。

6

逆光を入れると、奥行が出たり、写真に温度が加わったり、
希望や、前向きなイメージになりやすいように思います。

画像レイヤーに直接【フィルタ】→【描画】→【逆光】もできますが、
逆光を移動できた方が、画面上に文字を乗せることになった時など、
汎用性が高いのでオススメです。

「もう少し臨場感出したいな~」なんて時に、
ぜひお試しください。

-WEBデザイン, WEB制作

執筆者:

関連記事

<WordPress>カスタムフィールドテンプレートのテキストエディター(TinyMCE Advanced)で プラグインの設定通り反映されないとき

知ってそうで知らないCSS3の便利な使い方【その2:属性セレクタ編】

前回構造疑似クラスについて便利な使い方をご紹介しましたが、 (知ってそうで知らないCSS3の便利な使い方【その1:構造疑似クラス編】) 今回はCSS3の属性セレクタをご紹介します。 Contents1 …

イラスト素材サイトのご紹介

イラスト素材サイトのご紹介

こんばんは、新人Aです。 今日は、イラスト素材のサイトさんをご紹介しようかと思います!       【いらすとや】 http://www.irasutoya.com/ フ …

WEBデザイナーが仕事を依頼されたとき、まず最初に聞いておくべき7つの事。

こんばんわ。WEBデザイナーのKです。 本日は、WEBデザイナーがWEBディレクターから案件を依頼された時に、 必ず聞いておくべきことをまとめてみました。 ざっくりなので、細かく分けるとまだまだ沢山あ …

【カメラ撮影】写真素材として撮影するために知っておきたいこと ~風景の色彩編~

WEB制作において”良い写真”は欠かせません。 素材を撮影する際に知っておきたいこと、 今回は風景写真撮影での色設定のポイントをご紹介します。 Contents1 秋は暖色で情緒を感じさせる2 抜ける …

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

単一のファイルで様々な機器の画面サイズにフィットする便利な手法「レスポンシブデザイン」。 最近はスマホからのPVも爆発的に増えてきたので慌ててスマホサイトを導入する企業が増え、更新の勝手から、レスポン …