マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEB制作

中国でWEBサイトマーケティング考えてる方への 両国の大きな違い②

投稿日:2014年11月4日 更新日:

一般的にWEBサイトを展開する場合、最初に考えることの一つにドメインの問題があります。
中国でも.comなどの一般的なドメインは.cnよりも簡単に取得可能ですが、その先にICP登録という問題があります。これはサイトが、非営利目的であれば【ICP登録】、営利目的であれば【ICPライセンス】を取得しなければいけないというルールです。但し、香港は対象外(もちろん台湾も)なっており、またサーバーが中国国内にいない場合もICP登録をする必要はない。それならICP登録しなくていいじゃんと考えるのはまだ早い。もしサイトを中国国内でリスティング広告などを展開したいならば、ICP登録が必要になる。中国のリスティングは、百度PPCと360PPCの2種類が大勢を占める。360PPCの方が審査は通りやすいが、それでもICP登録は必要になる。ではリスティングをしないからICP登録しなくていいじゃんという考えでサイト運営した場合、違法サイトとなり、中国に会社の無い日本企業の場合は、IP遮断、あるいはサーバ会社やネットワーク会社から取引を断られることになる。
さらに、中国にある会社しかICPライセンスは取得できない。
日本の企業がICPライセンスを取得するには、中国企業の資本比率が51%以上ある合弁会社を設立するしか方法はない。外国企業が100% 出資をしている会社はICPライセンスの取得はできないのである。

ということは、【中国に会社設立しないと、リスティングできない。仮に設立しても、経営権は中国側】ということになりますが、そこは中国・・・・ネットには書けませんが別ルートで実現できる方法は存在します。

-WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

簡単レシピ!アメコミ風デザイン素材と活用法!!

今回はアメコミ風のデザインを作るときに役立つフリー素材と活用法をご紹介いたします。 まずは実際のアメコミを見て、簡単に特徴を分析してみます。 アメコミでgoogle画像検索をかけると、、、 とってもカ …

【グローバルサイト運営担当者必見】多言語サイトSEOで絶対外せない3つのポイント!

弊社では英語、簡体中国語、繁体中国語、韓国語など世界主要言語でのSEOやサイト制作に取り組んでおります。 それぞれの言語のサイトのSEO対策の基本原則は変わらないですが、海外SEOの効率を向上させ、ア …

Movable Type6がリリースされました

Movable Type6がリリースされました

movable type6 以下の新機能が追加されたとのことです。 – Data API APIを通じてMovable Typeの管理画面の操作や記事の読み込みが可能になったとのことです。 – Cha …

CSS3の便利機能紹介。

CSS3の便利機能紹介。 http://www.markernet.co.jp/blog/2015/09/03/post-6063/ Facebook

【Illustrator小技】PDFファイルを代替フォントでなくアウトライン化して開ける便利なワザ

アウトライン化されていないPDFをIllustratorで開こうとする時、 Illustrator「このPDF、該当するフォントがないから代替しちゃいますね~」 デザイナー「うわぁぁフォント変わっちゃ …