マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

ワードプレスのIDを可視化するためだけのシンプルなプラグイン

投稿日:2014年10月30日 更新日:

WordPressの固定ページ、投稿記事、カテゴリやタグなどにはそれぞれユニークなIDがあります。

IDはWordPressが自動的に個別に割り当ててくれるため、普段は意識することはございません。

データベースの移行や特定の記事、カテゴリごとに処理を分岐させたい場合などに、このIDが必要になります。
ところが、WordPressにはこのIDを簡単に確認する機能が用意せれておりません。不親切です。
記事のリンクにマウスカーソルを合わせて表示することも可能ですが、スマートな方法とは言えません。

そこで今回紹介するプラグインがその名もズバリ「WP Show IDs」です。
プラグインを検索してインストールし有効化するだけです。設定画面もございません。簡単ですね。

 

 

画面サンプル

 

この右にある「2」という数字がこの固定ページのIDです。

なお各一覧のIDは表示オプションで非表示にすることも出来ます。

シンプルだけれども使い勝手の良いこのプラグイン、お試しあれ。

 

 

東京のWEB制作会社 マーカーネット株式会社 公式WEBサイトへ

-WordPress

執筆者:

関連記事

Movable Type6がリリースされました

Movable Type6がリリースされました

movable type6 以下の新機能が追加されたとのことです。 – Data API APIを通じてMovable Typeの管理画面の操作や記事の読み込みが可能になったとのことです。 – Cha …

Movable Type6を操作してみました

Movable Type6を操作してみました

先日リリースされました、movable type6を操作していました。 – ダッシュボード グーグルアナリティクスをアカウント設定しますと、 サイト情報欄に、アクセスの情報が表示されます。 …

【WordPress】WPtouchプラグインを利用した場合、特定のURLのみPCサイトを表示させる方法。

【WordPress】WPtouchプラグインを利用した場合、特定のURLのみPCサイトを表示させる方法。

WordPressのプラグイン「WPtouch」をインストールし スマホサイトを制作する際、特定のURLのときはPC用のテンプレートを 表示させたい場合がございます。その方法をご紹介します。 wpto …

ワードプレスの高負荷プラグインを可視化してくれるプラグイン

WordPressのプラグインは便利ですが、ついつい多用してしまいますと サイト全体のレスポンスが悪くなり、表示速度の低下を招いてしまいます。 そのような状態ではもはやプラグインの数が多すぎて、何を排 …

FacebookとWordPressを連携させる方法

『WordPressで記事を投稿したタイミングで、Facebookにも反映させる方法』ですが、 頻繁に起こるFacebookの仕様変更や、WordPressプラグイン自体の更新停止などで 今までのやり …