マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

ワードプレスのIDを可視化するためだけのシンプルなプラグイン

投稿日:2014年10月30日 更新日:

WordPressの固定ページ、投稿記事、カテゴリやタグなどにはそれぞれユニークなIDがあります。

IDはWordPressが自動的に個別に割り当ててくれるため、普段は意識することはございません。

データベースの移行や特定の記事、カテゴリごとに処理を分岐させたい場合などに、このIDが必要になります。
ところが、WordPressにはこのIDを簡単に確認する機能が用意せれておりません。不親切です。
記事のリンクにマウスカーソルを合わせて表示することも可能ですが、スマートな方法とは言えません。

そこで今回紹介するプラグインがその名もズバリ「WP Show IDs」です。
プラグインを検索してインストールし有効化するだけです。設定画面もございません。簡単ですね。

 

 

画面サンプル

 

この右にある「2」という数字がこの固定ページのIDです。

なお各一覧のIDは表示オプションで非表示にすることも出来ます。

シンプルだけれども使い勝手の良いこのプラグイン、お試しあれ。

 

 

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワードプレスの外部リンクを自動的に別窓に設定してくれるプラグイン

WordPressサイトの外部リンクを自動的に別ウィンドウで開くように設定できるプラグインを御紹介いたします。 単に別ウィンドウとして開くだけではございません。 リンクジュースを溢さないように設定する …

リンク切れを自動的にチェックしてくれるワードプレスのプラグイン

リンク切れを自動的にチェックしてくれるワードプレスのプラグイン

リンクチェックしていますか? マニュアルでチェックするとたいへんですよね。 WordPressには自動で定期的にリンク切れをチェックしてくれる 便利なプラグインがございます。 その名もズバリ、「Bro …

【WordPress】WPtouchプラグインを利用した場合、特定のURLのみPCサイトを表示させる方法。

【WordPress】WPtouchプラグインを利用した場合、特定のURLのみPCサイトを表示させる方法。

WordPressのプラグイン「WPtouch」をインストールし スマホサイトを制作する際、特定のURLのときはPC用のテンプレートを 表示させたい場合がございます。その方法をご紹介します。 wpto …

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレスはオープンソースのため、そのソースコードが公開されております。 誰でも無償で、誰でも改変して商用利用も可能であるというメリットもございますが、 デメリットとして悪意のある者から不正侵入を許 …

<WordPress>公開終了日を実装する方法。

公開期間プラグイン「post-expirator」を使わずに 公開終了日を実装する方法をご紹介します。 「カスタムフィールド」に「公開終了」項目を追加し、 その条件を満たしていれば表示させる仕組みです …