マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

SEO ホームページ運用

2014年2015年のSEOは『キュレ―ションSEO』?

投稿日:2014年10月24日 更新日:

「10倍のポテンシャルはある」。元ライブドア社長の堀江貴文氏が大きな成長を予想するのがニュースキュレーションサイトだ。ベンチャー企業が提供するスマートニュース、グノシー、ニューズピックスといったサービスは増資による多額の資金調達やテレビCMなどで勢いづき、ライン、ヤフーなど大手も参入して競争は激しさを増している。ニュースキュレーションサイトはニュースの世界をどう変えていくのだろうか。

「キュレーション」大人気 メディアの支配始まるか 2014/7/4 より引用

ここ数年、SEO対策の方法は、180度変化したといっても過言ではないだろう、今では弊社もSEO対策方法は2年前、1年前と全く違った方法で行うようになった。2年前までは良質な外部リンクを如何に集めるかに必死であったこの世界も、今ではリンクなんて全くと言ってよいほど考えなくなったくらいだ。当時は弊社もクライアントサイトのSEO対策として自社で外部リンク対策を行い、また、正直な話外注でリンクの購入を購入し、複合的に外部リンク対策というのを行っていたが、ほとんどの外注の会社はGoogleからペナルティを受け、まるでなんとかウィルスに感染したかの如く消え去ってしまった。
2年以前の外部リンクの時代から、昨年から今年の初めは外部リンク外しの時代、そして今年のコンテンツ重視の時代になった。この流れが、キューレーションサイトという新しいメディアが一気に脚光を浴びるように伏線だったような気がする。キュレ―ションサイトの出現はSEO対策の変化と密接に関係しているように思える。もちろんそのようなサイトは以前から多々存在はしていたが、外部リンクのような小手先サイトの順位を落とし、アフィリエイトサイトもコンテンツにオリジナル性がないと判断され順位を落とし、膨大に膨れ上がった情報を整理編集したコンテンツサイトやオリジナルのニュースサイトが上位に上がり、キュレ―ションサイトのような性質をもったサイトが上位に表示され、そこへグノシーの大規模な宣伝の効果などが加わり、閲覧数はもちろん価値も向上したのではないかと思う。
ここに、これからのSEOの大きなヒントがあると考えている。
半年にわたりキュレ―ションサイトの性質を、SEOという視点から検証を重ねてきた結果、近ごろ社内では『キュレ―ションSEO』という造語まで生まれているほど、方法論が見えてきた

東京のWEB制作会社 マーカーネット株式会社 公式WEBサイトへ

-SEO, ホームページ運用

執筆者:

関連記事

【やらなきゃよかった!?】高額なリスティング対策で大失敗しがちな考え方

リスティング広告は検索結果画面に表示される広告です。 検索した時に上位を独占する風景はみなさんも一度は見たことがあると思います。 このように目立つ位置に表示されていますね。 このリスティング広告、プリ …

【これから始めるWEB制作】いろはの”い”!PDCAサイクルって?

突然ですが皆さん、『PDCAサイクル』ってご存知ですか? ある程度、WEB制作に関わったことがある方には馴染み深い言葉かもしれませんが、 もちろん、ご存知ない方も沢山いらっしゃると思います。 実はこの …

Google、ペンギンアップデート2.1を実施、アルゴリズムも変更されていた

Google、ペンギンアップデート2.1を実施、アルゴリズムも変更されていた

GoogleのMatt Cutts氏が、ペンギンアップデートver2.1を実行することをTwitter上で発表しました。 検索順位への影響は全体の1%以下とのことで、規模は大規模ではなさそうなことがう …

【リマーケティング広告】失敗しないために気をつけたいこと

【リマーケティング広告】失敗しないために気をつけたいこと

リマーケティング広告を聞いたことがあるでしょうか。 一度該当のサイトに訪れると、ほかのウェブページを見ている時にそのサイトの広告が優先的に表示されるサービスです。 ここ最近導入する企業が増えてきて、 …

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

単一のファイルで様々な機器の画面サイズにフィットする便利な手法「レスポンシブデザイン」。 最近はスマホからのPVも爆発的に増えてきたので慌ててスマホサイトを導入する企業が増え、更新の勝手から、レスポン …