マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEBデザイン WEB制作

【Illustrator】幾何学模様の作り方

投稿日:2014年10月9日 更新日:

みなさまこんにちは、新人Aです。

三角形で作る幾何学模様の作り方をご紹介します。
これはパターンにするよりもランダムに色を置いていったほうが幾何学模様の雰囲気がぐっと増すと思うので、
少し面倒ですがパターン登録じゃなくてこつこつとした作業になるのですが、よければ読んでみてください^^

 

 

【アートボードを方眼紙に見立てて直線を配置します】
1
まずはアートボードの一番端に合わせて直線を引きます。(念のため、アートボードよりもはみ出る長さにしましょう!)
この直線を選択したまま、[オブジェクト]→[変形]→[移動]で等間隔に配置していきます。
今回は幅20mmで設定。コピーをクリックします。

 

 

 

2
コピーをクリックしたら、Ctrl+Dでアートボードいっぱいになるまで繰り返します。

 

 

 

34

この縦の直線をすべてコピー、ペーストし、90度回転させて横の直線も作ります。

 

 

 

5
今度は直線を45度回転させて、斜めの線を作ります。
この斜めの線が、正方形の角に来るように配置します。
アウトライン化して分割したら、アートボードからはみ出た余分な部分を削除します。

 
【塗り分け】
6
以前紹介した配色のサイトさんから一例をお借りしました。
今日はこの色で塗って行こうと思います!
78
ランダムに色を置いていきます。(本当に適当に)
色が隣り合ってしまっても、それはそれで面白いかなぁと思います^^

 

 

 

9
少し地味な作業ではありますが、完成すると可愛く見えてきませんか?
このまま使ってもいいとは思うのですが・・・

 

 

kikagaku kikagaku1
これを画像にして保存して、テクスチャをかけたりしてみると使える幅が広がる気がします^^
たとえばこれは、上が完成形で、下が加工したものです。
[効果]→「ピクセレート」→[水晶]を使うと、クレヨンでぼかしたような印象になります。

 

 

ぜひ試してみてください!

-WEBデザイン, WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワードプレスをブルートフォースアタックからまもるために必要なプラグイン

ワードプレスをブルートフォースアタックからまもるために必要なプラグイン

WordPressをインストールするとユーザー名「admin」が自動的に割り振られ 変更できないバージョンもございました。 ハッキングする側はパスワードを当てるだけでログインすることが可能になります。 …

Laravel SocialiteでGitHubを利用した認証

Lravel SocialiteでGitHubを利用したOAuthによる認証の手順を紹介します。 1. GithubでOAuthアプリケーションを作成 GitHubにログインし、 [Settings] …

レスポンシブサイトを作る時に私が最低限やっていること【htmlソース編】

レスポンシブサイトを作る時に私が最低限やっていること【htmlソース編】

レスポンシブサイトを作る機会がここ最近かなり増えて来ました。 かくいうこのブログもレスポンシブ対応しています。 レスポンシブサイトを作る時には デザイン面等でも気を付ける事は幾つかありますが、 今回は …

【やらなきゃよかった!?】高額なリスティング対策で大失敗しがちな考え方

リスティング広告は検索結果画面に表示される広告です。 検索した時に上位を独占する風景はみなさんも一度は見たことがあると思います。 このように目立つ位置に表示されていますね。 このリスティング広告、プリ …

面白い動きや便利な機能をJSで実装! その1:簡単にグラフを作成する方法!

折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフ、レーダーチャートなどを 作成することができる「Chart.js」をご紹介致します。 今回は一番汎用性の高いと思われる折れ線グラフを作成してみたいと思います。 表示の瞬 …