マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEBデザイン WEB制作

【Illustrator】幾何学模様の作り方

投稿日:2014年10月9日 更新日:

みなさまこんにちは、新人Aです。

三角形で作る幾何学模様の作り方をご紹介します。
これはパターンにするよりもランダムに色を置いていったほうが幾何学模様の雰囲気がぐっと増すと思うので、
少し面倒ですがパターン登録じゃなくてこつこつとした作業になるのですが、よければ読んでみてください^^

 

 

【アートボードを方眼紙に見立てて直線を配置します】
1
まずはアートボードの一番端に合わせて直線を引きます。(念のため、アートボードよりもはみ出る長さにしましょう!)
この直線を選択したまま、[オブジェクト]→[変形]→[移動]で等間隔に配置していきます。
今回は幅20mmで設定。コピーをクリックします。

 

 

 

2
コピーをクリックしたら、Ctrl+Dでアートボードいっぱいになるまで繰り返します。

 

 

 

34

この縦の直線をすべてコピー、ペーストし、90度回転させて横の直線も作ります。

 

 

 

5
今度は直線を45度回転させて、斜めの線を作ります。
この斜めの線が、正方形の角に来るように配置します。
アウトライン化して分割したら、アートボードからはみ出た余分な部分を削除します。

 
【塗り分け】
6
以前紹介した配色のサイトさんから一例をお借りしました。
今日はこの色で塗って行こうと思います!
78
ランダムに色を置いていきます。(本当に適当に)
色が隣り合ってしまっても、それはそれで面白いかなぁと思います^^

 

 

 

9
少し地味な作業ではありますが、完成すると可愛く見えてきませんか?
このまま使ってもいいとは思うのですが・・・

 

 

kikagaku kikagaku1
これを画像にして保存して、テクスチャをかけたりしてみると使える幅が広がる気がします^^
たとえばこれは、上が完成形で、下が加工したものです。
[効果]→「ピクセレート」→[水晶]を使うと、クレヨンでぼかしたような印象になります。

 

 

ぜひ試してみてください!

-WEBデザイン, WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WEBサイトの配色に迷った時の必見サイト!をご紹介。

WEBサイトの配色に迷った時の必見サイト!をご紹介。 http://www.markernet.co.jp/blog/2015/08/10/post-5960/ Facebook

どこでも!いつでも!自由に使えるアイコン集

どこでも!いつでも!自由に使えるアイコン集

皆さん! お久しぶりです!こんばんは!! 心はいつも新人であるデザイナーKです。 この一ヶ月の間、私には色んなことがありました。 新しく買ったシャツが家のドアノブに引っかかって破れたり、ひどい風邪をひ …

失敗しないSEOサイトリニューアル16のポイント!

SEOで失敗しないサイトリニューアル16のポイント! 簡単のようで簡単ではない、いつも心掛けるべきWEBサイトリニューアル時のポイントを記載しました。 WEBサイトのリニューアルは、成功の是非がはっき …

phpフレームワークlaravel4でデータベースを操作してみました。

phpフレームワークlaravel4でデータベースを操作してみました。

phpのフレームワークlaravel4でデータベースの操作をためしました。 laravel4では、「Eloquent ORM」が含まれており、簡単にデータベースの操作が可能です。 1. 今回ブログの記 …

VScodeのおすすめ設定と拡張機能

使用しているエディター こんにちは。2年目コーダーXです。コーデイングをされる方、何のエディターをお使いですか? 私は、コーデイングを始めてからずっと「Sublime Text」を使用してきたのですが …