マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

PHP

CakePHPのルーティング例

投稿日:2014年9月26日 更新日:

Webサイトではアドレスの構造は重要です。
CakePHPのルーティングの例について紹介します。

1. Router::connect(‘/index/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index’));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index/」で、
testコントローラのindex()が呼ばれます
class TestController extends AppController {
  function index() {
  }
}

2. Router::connect(‘/index2/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index2’, 1));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index2/」で、
testコントローラのindex2()が呼ばれ、引数に「1」が渡ります。
class TestController extends AppController {
  function index2($arg) {
    debug($arg); // (int) 1と表示されます
  }
}
3. Router::connect(‘/index3/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index3’, array(“category” => “テスト”)));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index3/」で、
testコントローラのindex3()が呼ばれ、引数に配列「array(“category” => “テスト”)」が渡ります。
class TestController extends AppController {
  function index3($args) {
    debug($args); // array(‘category’ => ‘テスト’)と表示されます
  }
}

4. Router::connect(‘/index4/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => “index4”, “category” => “テスト2”));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index4/」で、
testコントローラのindex4()が呼ばれ、$this->paramsに「array(“category” => “テスト2”)」が設定されます。
class TestController extends AppController {
  function index4() {
    debug ($this->params[“category”]); // ‘テスト2’と表示されます。
  }
}

5. Router::connect(‘/index5/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index5’, “prefix” => “admin”));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index5/」で、
testコントローラのadmin_index5()が呼ばれます
class TestController extends AppController {
  function admin_index5() {
  }
}

6. Router::connect(‘/index6/*’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => “index6”));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index6/テスト/テスト2/テスト3」で、
testコントローラのindex6()が呼ばれ、「テスト」が$arg1, 「テスト2」が$arg2, 「テスト3」が$arg3に設定されます
class TestController extends AppController {
  function index6($arg1, $arg2, $arg3) {
    debug ($arg1); // ‘テスト’と表示されます
    debug ($arg2); // ‘テスト2’と表示されます
    debug ($arg3); // ‘テスト3’と表示されます
  }
}

-PHP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

phpでオーディオファイルの情報を取得する方法

phpでオーディオファイルの情報を取得する方法

PHPで利用しまして、オーディオファイルの情報(再生時間、タイトルやアーティスト名など)を取得するには、getID3というライブラリを利用します。 以下このライブラリを利用した音楽ファイルの情報の取得 …

Laravel5を操作してみました

先月リリースされました、PHPのフレームワークLaravel5を操作してみました。 1. プロジェクトの作成 インストールするディレクトリに移動して「test」という名前のプロジェクトを作成します。 …

Laravel SocialiteでGitHubを利用した認証

Lravel SocialiteでGitHubを利用したOAuthによる認証の手順を紹介します。 1. GithubでOAuthアプリケーションを作成 GitHubにログインし、 [Settings] …

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合について

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合について

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合の解決方法について何点か紹介します。 – CakePHPのモデルのsave()メソッドでレコードを更新したときに更新日付(modified列)が更新 …

Phalcon PHPフレームワーク試しました

Phalcon PHPフレームワーク試しました

Phalcon(http://phalconphp.com/ja/)フレームワークは、PHPエクステンションとして利用する非常に高速なフレームワークとのことです。 動作確認までの手順です。 1. Ph …