マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

PHP

CakePHPのルーティング例

投稿日:2014年9月26日 更新日:

Webサイトではアドレスの構造は重要です。
CakePHPのルーティングの例について紹介します。

1. Router::connect(‘/index/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index’));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index/」で、
testコントローラのindex()が呼ばれます
class TestController extends AppController {
  function index() {
  }
}

2. Router::connect(‘/index2/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index2’, 1));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index2/」で、
testコントローラのindex2()が呼ばれ、引数に「1」が渡ります。
class TestController extends AppController {
  function index2($arg) {
    debug($arg); // (int) 1と表示されます
  }
}
3. Router::connect(‘/index3/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index3’, array(“category” => “テスト”)));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index3/」で、
testコントローラのindex3()が呼ばれ、引数に配列「array(“category” => “テスト”)」が渡ります。
class TestController extends AppController {
  function index3($args) {
    debug($args); // array(‘category’ => ‘テスト’)と表示されます
  }
}

4. Router::connect(‘/index4/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => “index4”, “category” => “テスト2”));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index4/」で、
testコントローラのindex4()が呼ばれ、$this->paramsに「array(“category” => “テスト2”)」が設定されます。
class TestController extends AppController {
  function index4() {
    debug ($this->params[“category”]); // ‘テスト2’と表示されます。
  }
}

5. Router::connect(‘/index5/’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => ‘index5’, “prefix” => “admin”));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index5/」で、
testコントローラのadmin_index5()が呼ばれます
class TestController extends AppController {
  function admin_index5() {
  }
}

6. Router::connect(‘/index6/*’, array(‘controller’ => ‘test’, ‘action’ => “index6”));
「http://xxxxxxxxxxxxx/index6/テスト/テスト2/テスト3」で、
testコントローラのindex6()が呼ばれ、「テスト」が$arg1, 「テスト2」が$arg2, 「テスト3」が$arg3に設定されます
class TestController extends AppController {
  function index6($arg1, $arg2, $arg3) {
    debug ($arg1); // ‘テスト’と表示されます
    debug ($arg2); // ‘テスト2’と表示されます
    debug ($arg3); // ‘テスト3’と表示されます
  }
}

-PHP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外で人気のあるPHPのyiiフレームワークを使用してみました。

海外で人気のあるPHPのyiiフレームワークを使用してみました。

海外では、人気のあるPHPのyiiフレームワーク使用してみました。 1. yiiをhttp://www.yiiframework.com/ダウンロードしまして、 ソースコードを任意のwebの公開ディレ …

CakePHPで開発環境と本番環境の設定を切り替える方法。

CakePHPで開発環境と本番環境の設定を切り替える方法。

CakePHPフレームワークを利用し、データベースを利用したCMSなど制作する際、開発環境と本番環境で同じファイルにしたい場合があるかと思います。 今回は、『SetEnv』を利用した開発環境と本番環境 …

Google AnalyticsのPV数を取得するための準備について。

Google AnalyticsのPV数を取得するための準備について。

ウェブサイトのアクセス数をサイト内に表示させたい場合があるかと思います。 今回は直接Google AnalyticsのPV数を取得するまでの準備についてご紹介いたします。 1)Google Analy …

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合について

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合について

PHP(CakePHP)の開発でうまく動作しない場合の解決方法について何点か紹介します。 – CakePHPのモデルのsave()メソッドでレコードを更新したときに更新日付(modified列)が更新 …

CakePHPのモデルの便利な機能について

CakePHPのモデルにあります便利な機能について紹介します。 – virtualFields ブログのエントリーのテーブルがありまして、 カテゴリごとのエントリー数を取得する場合、 以下のfindを …