マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

PHP

CakePHPのモデルの便利な機能について

投稿日:2014年9月5日 更新日:

CakePHPのモデルにあります便利な機能について紹介します。

– virtualFields
ブログのエントリーのテーブルがありまして、
カテゴリごとのエントリー数を取得する場合、
以下のfindを実行しますと、モデル名の配列に入りません。

$entry_ary = $this->Entry->find(“all”,
           array(“fields” => array(“Entry.category_id”,
           “Count(Entry.category) as count”),
           “group” => array(“Entry.category”)));

$entry_aryの中身は下のようになります。
array(
      (int) 0 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category’ => ‘1’
),
           (int) 0 => array( // [0]の中に設定されます。
           ‘count’ => ‘5’
)
),
     (int) 1 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category’ => ‘2’
),
           (int) 0 => array(
           ‘count’ => ‘1’
)
)
)

virtualFieldsを利用しますと、[Entry]中にcountが設定されます。
           $this->Entry->virtualFields[‘count’] = “COUNT(Entry.id)”;
           $entry_ary = $this->Entry->find(“all”,
           array(“fields” => array(“Entry.category_id”, “count”), “group” => array(“Entry.category_id”)));

$entry_aryの中身は下のようになります。
array(
           (int) 0 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category_id’ => ‘1’,
           ‘count’ => ‘5’
)
),
           (int) 1 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category_id’ => ‘2’,
           ‘count’ => ‘1’
)
)
)
– counterchache
ブログの各エントリーの閲覧者数など、
各レコードごとのhasManyの数を取得する場合、
「counterChache」の機能を利用しますととても便利です。

手順1.エントリーのテーブルに、閲覧者数用の列を追加します。
(閲覧履歴はLogというテーブルの場合、
「log_count」という列をエントリーのテーブルに追加します。

手順2. 閲覧者のログのテーブルにbelongsToの設定に「’counterCache’ => true」に追記します。
var $belongsTo = array(‘Entry’=> array(‘className’ => ‘Entry’,
           ‘foreignKey’ => ‘entry_id’,
           ‘exclusive’ => true,
           ‘counterCache’ => true));

以上の手順でエントリー(Entry)のモデルをfindしますと、
「log_count」に自動的に閲覧者数(hasManyの数)がカウントされます。

-PHP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

ブログの記事の編集などにWYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderを導入しているサイトでログインするユーザごとに画像のアップロード先を切り替えたい状況がございます。 その方法を紹介し …

CakePHPのルーティング例

CakePHPのルーティング例

Webサイトではアドレスの構造は重要です。 CakePHPのルーティングの例について紹介します。 1. Router::connect(‘/index/’, array(‘controller’ =& …

Laravel SocialiteでGitHubを利用した認証

Lravel SocialiteでGitHubを利用したOAuthによる認証の手順を紹介します。 1. GithubでOAuthアプリケーションを作成 GitHubにログインし、 [Settings] …

Google AnalyticsのPV数を取得するための準備について。

Google AnalyticsのPV数を取得するための準備について。

ウェブサイトのアクセス数をサイト内に表示させたい場合があるかと思います。 今回は直接Google AnalyticsのPV数を取得するまでの準備についてご紹介いたします。 1)Google Analy …

CakePHPで開発環境と本番環境の設定を切り替える方法。

CakePHPで開発環境と本番環境の設定を切り替える方法。

CakePHPフレームワークを利用し、データベースを利用したCMSなど制作する際、開発環境と本番環境で同じファイルにしたい場合があるかと思います。 今回は、『SetEnv』を利用した開発環境と本番環境 …