マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

PHP

CakePHPのモデルの便利な機能について

投稿日:2014年9月5日 更新日:

CakePHPのモデルにあります便利な機能について紹介します。

– virtualFields
ブログのエントリーのテーブルがありまして、
カテゴリごとのエントリー数を取得する場合、
以下のfindを実行しますと、モデル名の配列に入りません。

$entry_ary = $this->Entry->find(“all”,
           array(“fields” => array(“Entry.category_id”,
           “Count(Entry.category) as count”),
           “group” => array(“Entry.category”)));

$entry_aryの中身は下のようになります。
array(
      (int) 0 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category’ => ‘1’
),
           (int) 0 => array( // [0]の中に設定されます。
           ‘count’ => ‘5’
)
),
     (int) 1 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category’ => ‘2’
),
           (int) 0 => array(
           ‘count’ => ‘1’
)
)
)

virtualFieldsを利用しますと、[Entry]中にcountが設定されます。
           $this->Entry->virtualFields[‘count’] = “COUNT(Entry.id)”;
           $entry_ary = $this->Entry->find(“all”,
           array(“fields” => array(“Entry.category_id”, “count”), “group” => array(“Entry.category_id”)));

$entry_aryの中身は下のようになります。
array(
           (int) 0 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category_id’ => ‘1’,
           ‘count’ => ‘5’
)
),
           (int) 1 => array(
           ‘Entry’ => array(
           ‘category_id’ => ‘2’,
           ‘count’ => ‘1’
)
)
)
– counterchache
ブログの各エントリーの閲覧者数など、
各レコードごとのhasManyの数を取得する場合、
「counterChache」の機能を利用しますととても便利です。

手順1.エントリーのテーブルに、閲覧者数用の列を追加します。
(閲覧履歴はLogというテーブルの場合、
「log_count」という列をエントリーのテーブルに追加します。

手順2. 閲覧者のログのテーブルにbelongsToの設定に「’counterCache’ => true」に追記します。
var $belongsTo = array(‘Entry’=> array(‘className’ => ‘Entry’,
           ‘foreignKey’ => ‘entry_id’,
           ‘exclusive’ => true,
           ‘counterCache’ => true));

以上の手順でエントリー(Entry)のモデルをfindしますと、
「log_count」に自動的に閲覧者数(hasManyの数)がカウントされます。

-PHP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

WYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderで画像の保存先を動的に指定する方法。

ブログの記事の編集などにWYSIWYGエディタCKEditor + KCFinderを導入しているサイトでログインするユーザごとに画像のアップロード先を切り替えたい状況がございます。 その方法を紹介し …

CakePHPのルーティング例

CakePHPのルーティング例

Webサイトではアドレスの構造は重要です。 CakePHPのルーティングの例について紹介します。 1. Router::connect(‘/index/’, array(‘controller’ =& …

Laravel5を操作してみました

先月リリースされました、PHPのフレームワークLaravel5を操作してみました。 1. プロジェクトの作成 インストールするディレクトリに移動して「test」という名前のプロジェクトを作成します。 …

PHPの日付操作ライブラリについて

PHPの日付操作ライブラリについて

PHPで日付の操作を行うとき、PHPの標準の関数(date, mktime, strtotimeなど)を利用しますが、使い方に慣れるのがなかなか大変です。 そこでPHPで日付を操作するのに便利なライブ …

Alt 【WordPress】カスタムフィールドで何でも出来る!カスタムフィールドの便利な使い方 その1

【WordPress】カスタムフィールドで何でも出来る!カスタムフィールドの便利な使い方 その1

WordPressでサイトを作る場合カスタムフィールドがとても便利ですよね! そして投稿ページで入力したカスタムフィールドの値を他のトップページや固定ページでも使いたい。なんて事があるかと思います。 …