マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WEBデザイン WEB制作

【Fireworks】Flashなしで簡単に作れるGifアニメーション

投稿日:2014年8月20日 更新日:

サイトにちょっとした動きがほしい時、Flashを使わず、Fireworksでも簡単にGifアニメーションを作成できます。
ここで画面読込中のローディングアニメーションを作る手順をご紹介したいと思います。

STEP1. まず動かしたい画像をFireworksに配置します。
load1
STEP2. 「フレームとヒストリ」のツールバーの右側にあるオプションボタンをクリックして、「フレームの複製」を選びます。
load2
(この時「ステートを追加」を選択してしまうと、ページのデザインがコピーされないのでご注意ください。)
「フレームの複製」のウィンドウで数を「1」のままで「現行フレームの後ろに挿入」を選択します。

load3

STEP3. フレームを複製したら、動かしたいオブジェクトを選択して、90度回転します。
load4

STEP4. 2と3のステップを繰り返して、フレーム4つを作成します。
load5

STEP5. ドキュメントウインドウの右下にあるステートコントロールで動作確認をします。
load6

各フレームのスピードを調整したい場合、ステートパネルより各ステートの右側にある数字(初期値は「7」)をダブルクリックすると、「ステートディレイ」ダイアログが開きます。大きい数値にすると回る速度が遅くなり、小さい数値にすると回る速度が早くなります。
load7

STEP6. 最適化パネルからファイル形式を「アニメーションGIF」に変更します。
load8
最後にデータを書き出すときはメニューバーの「ファイル 」→「書き出し…」をクリックして、ファイル名を付けて保存します。
書き出されたアニメーションGIFアニメーションは、Webブラウザにドラッグするだけで動作確認することができます。
laoding

以上の手順を覚えると手軽にGifアニメーションが作れます。
是非サイト制作に活用してみてください!

-WEBデザイン, WEB制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

単一のファイルで様々な機器の画面サイズにフィットする便利な手法「レスポンシブデザイン」。 最近はスマホからのPVも爆発的に増えてきたので慌ててスマホサイトを導入する企業が増え、更新の勝手から、レスポン …

ウェブデザインの幅が広がるFREEフォントの紹介

ウェブデザイン作りに当たって、フォントの選択はすごく大事なところであり難しい問題です。 普段、使うフォントってもう決まっていたりしませんか? 私の場合、欧文はHELVETICA,Futuraを和文はモ …

phpフレームワークlaravel4でデータベースを操作してみました。

phpフレームワークlaravel4でデータベースを操作してみました。

phpのフレームワークlaravel4でデータベースの操作をためしました。 laravel4では、「Eloquent ORM」が含まれており、簡単にデータベースの操作が可能です。 1. 今回ブログの記 …

jqueryを利用した、facebookのアルバムから写真一覧の取得について

jqueryを利用した、facebookのアルバムから写真一覧の取得について

jQueryを利用して、 facebookの指定のアルバムから写真の一覧を取得する方法を紹介します。 ※ まず、facebookからアルバム一覧します。 var name = “markernet”; …

Laravel SocialiteでGitHubを利用した認証

Lravel SocialiteでGitHubを利用したOAuthによる認証の手順を紹介します。 1. GithubでOAuthアプリケーションを作成 GitHubにログインし、 [Settings] …