マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

javascript(jquery)

ブロック要素の高さを揃えるのに便利なjqueryライブラリ【jquery.tile.js】

投稿日:2014年7月7日 更新日:

jquery_tile

ブロック要素にfloatをかけて回り込ませる、
というのはコーディングをする際によく使う手法ですよね。

「ブロック要素の高さを揃えたい」と思う事はありませんか?
そんな時、私がよく使う便利なjqueryライブラリ、
jquery.tile.jsのご紹介です。

通常CSSのみでブロック要素の高さを揃える場合、
使用したいカラムごとにdivタグ等で囲みclearをかけて
ブロック要素の高さを指定すると思います。

しかしこのjqueryライブラリを使用すると

$(‘.sample1′).tile();
クラスが「sample1」のブロック要素全て同じ高さにする。

$(‘.sample2′).tile(4);
クラスが「sample2」のブロック要素を4カラムで同じ高さにする。

jquery.tile.js Demos

と、とても簡単に実装が可能です。

このライブラリを使えばulで囲んだliの繰り返しで
カラムを指定して高さを揃える事が出来ます。

例えばWordpress等、プログラムでループ処理を行いたい場所の
高さを綺麗に揃えたい場合等に重宝すると思います。

-javascript(jquery)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レスポンシブにも対応!③ フリックスライダーを作成してみました。

レスポンシブにも対応!③ フリックスライダーを作成してみました。

今回はレスポンシブに対応できるスライドショーを作成してみたいと思います。 ただ、レスポンシブに対応しているだけでなく、 スマホに便利なフリックも可能なものをご紹介致します。 前回までの関連記事です。 …

Movable Type6がリリースされました

Movable Type6がリリースされました

movable type6 以下の新機能が追加されたとのことです。 – Data API APIを通じてMovable Typeの管理画面の操作や記事の読み込みが可能になったとのことです。 – Cha …

jQueryでタブを作ってみた

今回はjQueryでタブを作ってみました。 タブは皆さんご存知の通りよくあるタブです! Webサイトのページ内でコンテンツ要素が大量にある場合 そのまま表示させるとページが縦長になり ブラウザ上で縦ス …

レスポンシブにも対応!② グローバルナビゲーションを作成してみました。

この間はレスポンシブでも使える行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせるJavaScriptをご紹介致しました。 レスポンシブにも対応!行ごとのブロック要素の高さを自動で合わせる方法。 レスポンシブで …

面白い動きや便利な機能をJSで実装! その6:クリックで画像を拡大表示させるアニメーション

記事内の画像をクリックしてその場から拡大表示させるアニメーションを実装したいと思います。 今回使用するjavascriptは「zoom.js」になります。 【これまでの関連記事】 面白い動きや便利な機 …