マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

CMS WordPress

WordPressのテーマカスタマイズ時に私が必ず入れるプラグイン【Show Current Template】

投稿日:2014年6月18日 更新日:

WordPressのテーマをカスタマイズする際に
とても便利なプラグイン、Show Current Templateのご紹介。

ShowCurrentTemplate0「わーどぷれすっ!から引用」

Show Current Templateは、今表示しているページにどのphpファイルが使われているか管理画面上部のバーに表示してくれるプラグインです。

テンプレートファイルの相対パスや他にインクルードしているテンプレートファイル、子テーマかそうでないかも表示してくれます。

ShowCurrentTemplate1
ShowCurrentTemplate2「わーどぷれすっ!から引用」

このプラグインを知るまでは、
「編集した内容が反映されない!」、「どのテンプレートファイルを編集すれば良いか分からない!」なんて事が多々ありました。
サイトが大規模になればなるほどこういった悩みがよく起こると思います。

そんな時、このプラグインさえ入っていれば、
テンプレートファイルと表示ページの紐づきを直感的に見分ける事が出来るのです!

単純なプラグインですが、便利さはバカに出来ないと思います。
私のオススメのプラグインです。

Show Current Template ダウンロードページ

-CMS, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress固定ページで「ビジュアル」「テキスト」切替できなくする方法<WordPress>

今回は、WordPressの固定ページ ウィジウィグ切替でHTML崩れる問題について、 簡単な解決方法をご紹介いたします。 「ウィジウィグ切替でHTML崩れる問題」とは 固定ページの「テキスト」にHT …

<WordPress>公開終了日を実装する方法。

公開期間プラグイン「post-expirator」を使わずに 公開終了日を実装する方法をご紹介します。 「カスタムフィールド」に「公開終了」項目を追加し、 その条件を満たしていれば表示させる仕組みです …

Movable Type6を操作してみました

Movable Type6を操作してみました

先日リリースされました、movable type6を操作していました。 – ダッシュボード グーグルアナリティクスをアカウント設定しますと、 サイト情報欄に、アクセスの情報が表示されます。 …

Alt 【WordPress】カスタムフィールドで何でも出来る!カスタムフィールドの便利な使い方 その1

【WordPress】カスタムフィールドで何でも出来る!カスタムフィールドの便利な使い方 その1

WordPressでサイトを作る場合カスタムフィールドがとても便利ですよね! そして投稿ページで入力したカスタムフィールドの値を他のトップページや固定ページでも使いたい。なんて事があるかと思います。 …

Movable Type6がリリースされました

Movable Type6がリリースされました

movable type6 以下の新機能が追加されたとのことです。 – Data API APIを通じてMovable Typeの管理画面の操作や記事の読み込みが可能になったとのことです。 – Cha …