マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

CMS WordPress

WordPressのテーマカスタマイズ時に私が必ず入れるプラグイン【Show Current Template】

投稿日:2014年6月18日 更新日:

WordPressのテーマをカスタマイズする際に
とても便利なプラグイン、Show Current Templateのご紹介。

ShowCurrentTemplate0「わーどぷれすっ!から引用」

Show Current Templateは、今表示しているページにどのphpファイルが使われているか管理画面上部のバーに表示してくれるプラグインです。

テンプレートファイルの相対パスや他にインクルードしているテンプレートファイル、子テーマかそうでないかも表示してくれます。

ShowCurrentTemplate1
ShowCurrentTemplate2「わーどぷれすっ!から引用」

このプラグインを知るまでは、
「編集した内容が反映されない!」、「どのテンプレートファイルを編集すれば良いか分からない!」なんて事が多々ありました。
サイトが大規模になればなるほどこういった悩みがよく起こると思います。

そんな時、このプラグインさえ入っていれば、
テンプレートファイルと表示ページの紐づきを直感的に見分ける事が出来るのです!

単純なプラグインですが、便利さはバカに出来ないと思います。
私のオススメのプラグインです。

Show Current Template ダウンロードページ

-CMS, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワードプレスをブルートフォースアタックからまもるために必要なプラグイン

ワードプレスをブルートフォースアタックからまもるために必要なプラグイン

WordPressをインストールするとユーザー名「admin」が自動的に割り振られ 変更できないバージョンもございました。 ハッキングする側はパスワードを当てるだけでログインすることが可能になります。 …

リンク切れを自動的にチェックしてくれるワードプレスのプラグイン

リンク切れを自動的にチェックしてくれるワードプレスのプラグイン

リンクチェックしていますか? マニュアルでチェックするとたいへんですよね。 WordPressには自動で定期的にリンク切れをチェックしてくれる 便利なプラグインがございます。 その名もズバリ、「Bro …

ワードプレスでどのテンプレートを使っているか見えるプラグイン

page.php や single.php は区別がついても archive.php や author.php になると どのテンプレートを利用しているか追跡するのに苦役を強いられるWordPress …

スマートフォンサイトのオリジナルテーマ作成時に利用したいプラグインMulti Device Switcher<WordPress>

スマートフォンサイト用のオリジナルテーマを作成する WordPressプラグインとしては、『WPtouch Mobile Plugin』が有名ですが、 最新バージョンでは、オリジナルテーマを作成する場 …

PHPフレームワークLaravel4を試しました。

PHPフレームワークLaravel4を試しました。

1. Laravel4をインストールするためには、Composerを利用します。 以下のコマンドでComposerをインストールします。 % curl -s http://getcomposer.or …