マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

WordPress

【WordPress】カスタム投稿でタクソノミーのタームごとに月別アーカイブをなんとか表示させる方法。

投稿日:2014年6月11日 更新日:

WordPressでWEB制作時にカスタム投稿を用いている場合、
タクソノミーのタームごとに月別アーカイブを表示させたい場合がございます。
本日はその方法のご紹介です。

以下のような形式で月別アーカイブを表示させるには
wp_get_archives関数を使用されるかと思いますが、さらにfunctions.php 内でfilterを利用します。

例)

・2014年
 6月
 5月
・2013年
 12月
 11月

1)functions.php ファイルに下記のフィルターを追記します。
========================================
add_filter( ‘getarchives_join’, ‘my_getarchives_join’, 10, 2 );
function my_getarchives_join( $join, $r ) {
 global $wpdb;
 if ( isset( $r[‘taxonomy’] ) ) {
  $join .= ” LEFT JOIN $wpdb->term_relationships ON ($wpdb->posts.ID = $wpdb->term_relationships.object_id) “;
  $join .= ” LEFT JOIN $wpdb->term_taxonomy ON ($wpdb->term_relationships.term_taxonomy_id = $wpdb->term_taxonomy.term_taxonomy_id) “;
  $join .= ” LEFT JOIN $wpdb->terms ON ($wpdb->term_taxonomy.term_id = $wpdb->terms.term_id) “;
 }
 return $join;
}

add_filter( ‘getarchives_where’, ‘my_getarchives_where’, 10, 2 );
function my_getarchives_where( $where, $r ) {
 global $wpdb;
 if ( isset( $r[‘taxonomy’] ) ) {
  $where .= $wpdb->prepare( ” AND $wpdb->term_taxonomy.taxonomy = %s “, $r[‘taxonomy’] );
  }
 if ( isset( $r[‘slug’] ) ) {
  $where .= $wpdb->prepare( ” AND $wpdb->terms.slug = %s “, $r[‘slug’] );
 }
 return $where;
}
========================================

2)表示させたいテンプレートにて下記のように’slug’に特定したいタームのスラッグを
条件に入れwp_get_archives 関数追記します。

$args = array(
 ’post_type’ => ‘カスタム投稿’,
 ’taxonomy’ => ‘タクソノミー’,
 ’slug’ => ’タクソノミーのターム’,// slug はfunctions.phpのfilter
 ’type’ => ‘monthly’,
 ’show_post_count’ => false,
 ’echo’ => 0 //
);
$archives_month = strip_tags(wp_get_archives($args));

URLのパーマリンクでは、月別ページのページ遷移後に、
タームの値を引き継ぐよう工夫が必要となりますが、
これでfilterはうまくできるかと思います。

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

予約投稿を失敗しないドクターX的ワードプレスプラグイン

WordPressには未来の日時を指定して公開する予約投稿機能がございます。 組織で運用するブログなどでは時間を決めて記事を公開することが重要になることが多々あるようです。 ただし、WordPress …

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレス導入時に入れておくと便利なプラグイン(セキュリティ編)

ワードプレスはオープンソースのため、そのソースコードが公開されております。 誰でも無償で、誰でも改変して商用利用も可能であるというメリットもございますが、 デメリットとして悪意のある者から不正侵入を許 …

Movable Type6を操作してみました

Movable Type6を操作してみました

先日リリースされました、movable type6を操作していました。 – ダッシュボード グーグルアナリティクスをアカウント設定しますと、 サイト情報欄に、アクセスの情報が表示されます。 …

ワードプレスでどのテンプレートを使っているか見えるプラグイン

page.php や single.php は区別がついても archive.php や author.php になると どのテンプレートを利用しているか追跡するのに苦役を強いられるWordPress …

Movable Type6がリリースされました

Movable Type6がリリースされました

movable type6 以下の新機能が追加されたとのことです。 – Data API APIを通じてMovable Typeの管理画面の操作や記事の読み込みが可能になったとのことです。 – Cha …