マーカーネット株式会社

WEB制作ブログ WEBデザイン、HTMLコーディング、PHP、スマートフォン制作などWEB制作全般に役立つ情報を発信していきます。

SEO

米Google検索順位の評価が変わる!?

投稿日:2014年5月15日 更新日:

米Googleは検索エンジンでサイトを表示する順番を、これまでの他サイトからのリンク数による評価から、コンテンツの質を重視したものに移行していく。「誰が書いたのか」についても考慮されるようになり、ウェブの世界に与える影響は少なくなさそうだ。

[JCASTニュースから引用]

今までは他のサイトからのリンクを重要視していたものから、サイトの内容を重要視した順位に変更されます。
また、誰が書いた内容か、という部分も重要視されるということです。

このことは検索結果の順位が大きく変わる可能性もあります。
SEO対策を扱うweb制作会社にとっても重要なことだと思います。

Googleでは「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」呼ばれるアルゴリズム変更をたびたび行ってきました。その直後は明らかに不自然なリンクなどを貼っているサイトは急落しています。
今後、専門家が書いたページを判別することが可能になるよう取り組んでいるようです。

Googleのマット・カッツ氏が言うには、バックリンクはサイトの評価をするために今後も何年かは重要視されるが、そのうち重要性は薄れると答えています。

ツイッターなどでも

「これは大きな影響を与えそう」
「ますます検索に頼らない流入を考えないとね」
「グレーゾーンのseo対策をしていた業者は今後は厳しくなっていくのかな」

[JCASTニュースから引用]
と騒ぎになっているようです。

ただ、いきなり評価がガラッと変わるわけではないようです。

また、生活情報サイト「nanapi」の古川健介社長もフェイスブックで、
「今の時代にPageRank(被リンク)が絶対的なSEOの評価ではなくて、単なるシグナルの一つであるのと同じように、誰が書いたかにいきなり傾くわけじゃないと思う」
と発言している。

[JCASTニュースから引用]

今後もGoogle検索エンジンでサイトを表示する順番の評価方法は、その時代時代によって変化していくことと思います。SEO対策を扱うweb制作会社は少なくありません。我々も日々勉強はかかせません。

-SEO

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Google、ペンギンアップデート2.1を実施、アルゴリズムも変更されていた

Google、ペンギンアップデート2.1を実施、アルゴリズムも変更されていた

GoogleのMatt Cutts氏が、ペンギンアップデートver2.1を実行することをTwitter上で発表しました。 検索順位への影響は全体の1%以下とのことで、規模は大規模ではなさそうなことがう …

【やらなきゃよかった!?】高額なリスティング対策で大失敗しがちな考え方

リスティング広告は検索結果画面に表示される広告です。 検索した時に上位を独占する風景はみなさんも一度は見たことがあると思います。 このように目立つ位置に表示されていますね。 このリスティング広告、プリ …

【グローバルサイト運営担当者必見】多言語サイトSEOで絶対外せない3つのポイント!

弊社では英語、簡体中国語、繁体中国語、韓国語など世界主要言語でのSEOやサイト制作に取り組んでおります。 それぞれの言語のサイトのSEO対策の基本原則は変わらないですが、海外SEOの効率を向上させ、ア …

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

レスポンシブデザインに対するよくある4つの誤解

単一のファイルで様々な機器の画面サイズにフィットする便利な手法「レスポンシブデザイン」。 最近はスマホからのPVも爆発的に増えてきたので慌ててスマホサイトを導入する企業が増え、更新の勝手から、レスポン …

中国語圏のSEO事情を知る!多言語サイト向けSEO対策の基礎知識

中国語圏のSEO事情を知る!多言語サイト向けSEO対策の基礎知識

ここ最近、サイト多言語化の依頼が増えておりますが、 そもそも多言語サイト向けのSEO対策はどうすればいいのかと思ってる方のために、 今回は中国語圏のSEO事情について少し説明させていただきたいと思いま …